昨日逗子の文化プラザで鎌仲ひとみ監督の映画『六ヶ所村ラプソディー』を観ました。
エネルギーの3分の1を原発に頼っている日本に、原子力発電所は55基あります。
ここから排出される、使用済み核燃料を再処理する工場が六ヶ所村に建設され、今年、もう間もなくして稼動する予定です。
映画では、そこに生きる人たちを賛成派・反対派取り混ぜて時間をかけて丁寧に追いかけていました。
観て、よかった。
皆様も是非。
公開スケジュールはこちら


PDF