日本橋高島屋で、片岡球子展を観ました。
「浅間山」という作品の前で、自分もどーんと噴火。
人物画「足利尊氏」以降に続くシリーズも素晴らしくて、何度も「すごいすごい」と言い合った。
「わたしには、こう見えました」ということに忠実に描き続け、103歳の長生きだった球子さん。
とくに60代以降の作品が素晴らしく、80代の作品はものすごいパワーに溢れていました。


PDF