向かう途中、景色に見とれてぼーっとしてた。
駅に着いて友達のご案内で蕎麦屋へ。
いやー、いいお店だった。
さて、お支払。
あれ?お財布がないことに気がついた。
さっきの電車のお手洗いに置いてきちゃったなぁと、
すぐに思った。
駅に戻って駅員さんに相談したら、
すぐにどこかに連絡をとってくれて、
「お届けがありました」
翌日無事に受け取った。
お財布を送ってくれた駅に電話、
「無事届きました、お手数をおかけして申し訳ありませんでした」
「よかったですね~、60代の女性が届けてくれました」
「そうですか、直接お礼を言えないけれど、心から感謝しています」
「こちらからよくよくお礼を伝えてありますから」
「ありがとうございました」
何度目だ?
何度目なのだ?
と、自分に問う。
いつも戻ってきてくれるとは、限りませんよ。
不注意もほどほどにしてくださいよ。


PDF