三島での「ああ、そうか・・・」のつづき。
今日、花盛りの日比谷公園を歩いていたら、立て続けにすれ違った人が、2人とも、にやにやと笑っていた。
「やっぱりそうか・・・」
清水へ 祗園をよぎる桜月夜 こよひ逢う人みなうつくしき
与謝野晶子『みだれ髪』より


PDF