東北の方々の気品について考えていたのは、ちょうど一年前でした。
今朝、震災後はじめて自分の写真作品をみました。
写真の見え方が、今までとまるで違います。その細部まで。
いま(きっといつでも)、とても大切なことをたくさん教えていただいている、みんな平等に、いただいているのだと思います。
ひとりひとり・・・のように錯覚するけれど、本当はみんなでお団子みたいに一つだと思うから、みんな、他人の痛みがこんなに痛いのだと思います。
しっかり丁寧に受け止めなかったら、被災され亡くなった方々に申し訳ないです。
むつう整体・イネイト療法のお手伝いをさせてもらってきた中で、イネイト(自然の叡智)のはたらきは、「すべて最善」ということを、クライアントさんのからだの変化をとおして、何度も何度も繰り返し見せてもらってきました。何度も見せてもらったおかげで、「すべて最善」ということが、確信に変わりました。
イネイトは、誰にでも当たり前にある、生命力そのもの。
その人智を越えたはたらきに全てを託し、感謝し、邪魔をすることなく信じ切ること、、、これが私たちができる最善。
そのことを教えてくださったクライアントさんみなさん、そして大好きな師匠・木村仁さんにあらためて感謝です。
そしてこれからイネイト療法とご縁のある方、おひとりひとりを、あたたかく迎えていきたいです。
きっと世界中の皆さんが、今、自分がさせてもらっている事について、あらためてたくさんのことを感じているのだろうなーと想像しています。


PDF